働き方いろいろ。アパレルショップ店員の仕事内容<短時間>

一度は働いてみたい職業のなかでも、女性の憧れでもある職業と言えば、アパレルショップ店員です。

自分の好きな洋服のなかで仕事をすることが出来ますし、最新の洋服を誰よりも早く着てみることが出来るのです。

そんなアパレルショップ店員は、働き方もいろいろですので、仕事内容について見ていきましょう。

アパレルショップ店員は、基本的に立ち仕事ですので、長時間立ちっぱなしでも仕事が出来ることが求められます。

足腰の強さが必要となる職業でもあります。

一日の仕事内容としては、開店30分前に入店し、お店の掃除・レジのお金の管理・洋服の整頓・朝礼などを行います。

鏡を拭くことは特に重要で、シミや汚れが残らないように綺麗に磨き上げます。

開店したら、新しい商品が送られてくることもありますので、新しい商品のチェックや品出しなどを行います。

倉庫のストックに商品をしまって管理することもとても大事な仕事ですので、手を抜かずに行います。

アパレルショップ店員は接客が全てのような雰囲気がありますが、接客以外の時間には、ストックの整理や出し切れていない洋服のチェック、細かい部分の清掃など、さまざまな仕事があります。

顧客管理も大事な仕事で、最近来店していないお客様にダイレクトメールを送ったりもします。

このように、沢山の仕事がありますが、長時間働くだけでなく、短時間仕事をするアルバイト店員もいます。

セールの時などに特にアルバイト店員が多くなり、店頭に出してある洋服を畳んだり、商品のチェックをしたりします。

もちろん接客をして、実際にお客様とお話をしながら洋服を売ることもあります。

短時間ながら内容は濃く、あっという間に時間が過ぎてしまうのではないでしょうか。

特にお客様とお話をしていると、一時間過ぎてしまうこともありますので、効率よく仕事を進めていく事が重要です。

アパレルショップ店員は華やかな仕事内容だと思われがちですが、裏では地味な仕事を繰り返し、誠実に丁寧にお客様と接していく事で、洋服を確実に販売していくことが出来るのです。

これからアパレルショップ店員を目指そうと考えている方は、まず短時間のアルバイト店員を経験してみて、自分に合っているかどうか、楽しいと思えるかどうかを感じてみてはいかがでしょうか。

根気や忍耐力もある程度は必要ですし、持ち前の明るさと話の上手さも必要です。

是非アルバイトで一度経験してみて、アパレルショップ店員を目指してみてはいかがでしょうか。