バーテンダーなら女性でも短時間で働ける

お客が注文したカクテルを慣れた手つきで作ってくれるバーテンダーは、バーでお酒を飲むことの魅力の一つになっています。

バーテンダーの仕事は、お客から注文されたカクテルなどを作ることが主な仕事になっています。

カクテルを作る事は見ているほど簡単なものではなく、シェイカーを振るのも慣れないと上手くできません。

カクテルの種類はとても多く、お客からの注文に合わせてカクテルを作るので、レシピをしっかり頭の中に入れておかないと美味しくできません。

メニュー以外のカクテルもお客の要望に合わせて作ることもあるので、お酒に関する知識が豊富でなければ務まる仕事はありません。

カクテルを作る以外にも、バーテンダーの仕事はいろいろあります。

バーに来るお客はカクテルを飲むだけではなく、バーテンダーとの会話を目的にしているお客もいます。

そのため、カクテル作りだけではなく、お客に合わせた会話をすることもバーテンダーの仕事になります。

バーに初めて来るお客にはバーテンダーの方から声をかけて話をしたり、常連客などは顔や好みのカクテルなどを覚えておくことも大切な仕事です。

どのようなお客に対しても、きめ細かい対応が必要な仕事なので、細かい気配りができる女性にも向いている仕事です。

バーテンダーの仕事は、カクテルなどに使うお酒や果物やなどの仕入れや注文、氷を砕いたり果物を使いやすく仕込んだり、お店の清掃など様々な仕事があります。

それらの仕事をするため、バーの開店時間の3時間から4時間前に出勤する事が多くなっています。

バーの開店時間は午後6時位が多いので、午後2時から3時位から仕事を始めます。

そのため、家の仕事や用事などを済ませてから出勤する事ができるので、女性のバーテンダーも増えています。

遅い時間からの出勤もOKのお店も多いので、短時間から働くことができる仕事です。

バーはお酒をお客に出して飲んでもらう場所なので、女性でもできる仕事なのか心配する人もいます。

しかし、バーテンダーとお客との間にはカウンターがあるので、お客がカクテルなどを飲み過ぎて酔ってしまっても、トラブルなどが起こり難いのであまり心配する必要はないでしょう。

数百以上の種類のあるカクテルを作る、お客とのコミュニケーションを上手にするなどは初めから全てをこなすのは難しいことです。

短時間のバイトなどから始め、バーテンダーの仕事に慣れながらステップアップしていくと良いでしょう。